霜降り明星 せいや 初出演するドラマって?主演はあの人!?気になる内容は?

霜降り明星のボケ担当のせいやさんが、来年の1月にTBS日曜劇場

「テセウスの船」

に出演することが、2019年12月08日に分かりました。

霜降り明星と言ったら、平成最後となる去年の漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」を最年少で優勝を成し遂げ、一躍有名になりましたよね!!

そんな、霜降り明星のせいやさんがドラマの演技に初挑戦するということで、世間で話題になりつつありますよね!!

このドラマの主演も「陸王」に出ていたあの方!!

ここで気になるのが、主演するドラマ「テセウスの船」のどんな役をするのか、どんな内容なのか、主演はだれなのか…

霜降り明星せいや 出演するドラマ「テセウスの船」なんの役するの?

霜降り明星せいやさんが挑戦される役柄は…

平成元年の雪深い村に住む素朴でやさしい青年役

なんかイメージできますよね(笑)

霜降り明星さんの憧れの俳優は、西田敏行さんだとのことです。

西田敏行さんの作品面白いですよね!

釣りバカ日誌とか最高でした!!

今回の主演をできる話を聞いて「夢のような話」と喜びながら言っていたそうです。

できるかな、みたいな心配なことを口にするのかと思いきや、普通に喜んでいるじゃないですか!!(普通か…?)

さすが、最年少で漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で優勝されただけはありますね!

なんかこのドラマ面白くなりそうですね!!

霜降り明星せいやが初出演するドラマ

「テセウスの船」来年の一月期の日曜9時放送されます。

霜降り明星せいやが出演するドラマ「テセウスの船」はどんな内容なの?主演はあの人!?

霜降り明星誠也さん初出演する「テセウスの船」の主演は、

俳優の竹内涼真さんです。この作品は本当に面白くなりそうだな(何目線)

青年漫画誌「モーニング」(講談社)で2017~19年に連載された東元俊哉による同名人気コミックが原作。主人公の青年・田村心(しん)が、31年前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が雪深い村で起こした毒殺事件の真相を追うヒューマンミステリー。事件直前の平成元年にタイムスリップし、家族の笑顔を取り戻すため事件を食い止め“過去を変える”ことに挑む姿を描く。

タイトルの「テセウスの船」とは、ギリシャ神話がモチーフとなったパラドックス(逆説)のこと。英雄・テセウスの船を後世に残すため、朽ちた部品がすべて新品に交換される時に“この船は同じ船と言えるのか?”という矛盾を問題提起するエピソード。

一度コミックを見てから見るのも、「あのキャラだ」というのもあって面白いかもしれませんね!!

まぁ、コミックを見ていない人でも楽しめる。面白い作品になっているのは、間違いないでしょう。

霜降り明星せいや 「テセウスの船」の主演の意気込み!

「ホントに初めてのことなので、全く何をしていいかも分からないし、何より関西弁ではなく標準語で演技をしなければならないので、かなり不慣れ感が出るとは思うんですが、初孫が初めての発表会で演技をしている時のような温かい目で皆さまに見ていただきたいです」

 

やはり初めての演技は緊張しますよね!!

いつも使っている関西弁を標準語に直すのは、意外と難しそうだな・・

セリフも覚えないといけないし。

初出演頑張ってもらいたいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です