協栄ジム 活動休止の原因は?結局しない!?輩出した世界王者って誰?

国内トップの世界王者の輩出をしている「協栄ジム」

12月7日9時半過ぎ

ジム内での経営者トラブルで活動休止ということが発表されています。

しかし、12月7日13時前に

「活動休止の事実はない」

と発言している。

え!?どっちなの?って思いますよね。

今回は、協栄ジムの活動休止の原因となった経営者トラブルの詳しい事情についてや、「活動休止の事実はない」と真逆のことを言ったことに対しての詳しい事情について調べてみました。

ついでに、協栄ジムが輩出した世界王者13人が誰なのかについても最後紹介しますね。

 

協栄ジムの活動休止の原因経営者トラブルってどんなトラブル?今後の活動は?

協栄ジムの会長である金平桂一郎さんが、協栄ジムを活動を休止すると言うことを明かした。

休会理由は、「経営者トラブルです」と説明している。

その経営者トラブルとは、実質的オーナーと会長である金平桂一郎さんの方向性の違いと言うことです。

やっぱりジムも経営なので、経営をする上での方向性の違いは出てきますよね…

ジムの経営も大変なんですね。

協栄ジムは活動休止!

ということではないとホームページで発表しているんです!

 

「本日、一部のメディアにおいて、当ジムが活動休止を予定している旨の報道がありましたが、当ジムが発表したものではなく、活動休止を予定している事実もございません。当ジムは、引き続き、会員の皆様に対してこれまで同様のサービスを提供してまいります」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000007-gbr-fight

会長とオーナー関係大丈夫なんですかね…

会長のいっていることなど聞かないといった感じですよね?

会長の金平桂一郎さんとオーナーさんの方向性ってどういった風に食い違ったのか、関係が戻れば聞けるかもしれませんね。

そして、

この件に関し協栄ジムに問い合わせたところ、責任者は不在だったが「継続していきますが…当ジムとしてはホームページで発表したことが全て。上(運営側)の判断です」と主張。金平会長の発言とは全く異なる内容となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000007-gbr-fight

自分的には、今後も世界王者を輩出して、格闘技界を盛り上げていってもらいたいです。

 

協栄ジム今活動休止したら大変なことに!?

協栄ジムのホームページに、今後も活動すると発表していますが、会長金平桂一郎さんが、東日本ボクシング協会に休会届を提出すると、ジムに所属していないことになるので、プロの試合には出場出来なくなるんですよ!!

他のジムに移籍をすれば出場出来るんですが、、、

現在10名以上のプロ選手が所属しているので、10名が所属先を失うと言うことになるんですよ!!!

やばいな!!

しかも、11月3日に東日本新人王となったので、12月22日に全日本決勝を控えているので、ジムが活動休止をするのであれば、

一刻も速く所属するジムを探さないといけないんですよ!!

なので、今のこの状況はかなりやばいです!

亀田京之介さんの精神状態も維持するのが大変ですよね!

試合に影響がでると行っても過言ではない!!

会長金平桂一郎さんは、

「本当は決勝まで、とは思っていたのですが・・・。」

と話しているので、そういった決断に至るしかなかったのかなとも思いますね・・・

なんか、悲しいですよね。

 

協栄ジムから輩出された世界チャンピオン13名って誰?

海老原博幸

西城正三

具志堅用高

上原康恒

渡嘉敷勝男

鬼塚勝也

勇利アルバチャコフ

オルズベック・ナザロフ

佐藤修

亀田興毅

坂田健史

佐藤洋太

亀田和毅

改めて見るとこのジムすごいな笑

会長さんもオーナーさんも今まで相当努力されてきたんでしょうね!!

世界王者なった本人はもちろん、こういったジムに携わっている人たちがいないと、ここまで、世界王者を輩出するジムになってないと思います!!

これからも、協栄ジムから輩出される未来の世界王者の姿を見ていきたいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です