新型肺炎は日本国内のどこ(何県)に上陸したの?感染経路はなに?

ま世間で大きく話題になっている「新型肺炎」

感染経路はなんなのか、日本国内のどこ(何県)に上陸してきたのか気になる!

今後の日本の健康問題にも関わってくるとても大事なことですよね。

今回の報道で自分の身近な場所ではないか、もし自分がなったらどうしようとか嫌なことを考えてしまうのも無理はない。。

感染リスクの可能性を下げるべく今回は、新型肺炎についてをまとめて話して行きます。

新型肺炎は日本国内のどこ(何県)に上陸したの?

新型肺炎は日本国内の、神奈川県で発見されています。

その方は中国籍の方で、神奈川県在住の30代男性

(中国に帰国していたのでしょうね。)

新型肺炎は、中国の武漢市(ぶかんし)で相次いでおり、その神奈川県在住の30代男性の方は中国の武漢市という所に行っていたという。

中国の武漢市では、2020年1月15日で患者は41人にのぼるそうです。

そして、国内での感染者の確認は初だとのこと。

30歳の男性は、

1月3日に発熱

1月6日に日本へ帰国(男性はこの時解熱剤を飲んでいて、熱は一時的におさまっていたため異常が確認されなかった)

帰国後に神奈川県内の医療機関を受診し武漢市への渡航歴を申告し、この時点では症状は軽かったため帰宅。

※渡航(とこう)・海外へ渡ること

1月10日になっても熱は上がる一方で肺炎と診断され入院

1月15日には男性の症状が回復し退院

仕方が無いとしかいいようがありませんよね。確かに自分の身の危険性が高まり攻めたくなる気持ちも分かりますが、誰もこんなことになりたいとは思っていなかったわけですし、今後どうするかですよね!

まずは、30代神奈川県在住の方の体調が良くなったのは本当に良かったですね!(^_^)

新型肺炎の感染経路とは

新型肺炎の気になる感染経路なんですが、今の段階で正確な情報は分かっておりません。

中国武漢市で相次いでいるというのは確かです。

武漢市衛生健康委員会の説明によると「持続的に人から人に感染するリスクは低い」と言われています。

しかし、人から人への感染する可能性は排除できないとされているので、どっちなんだ!といったところです。

肺炎といってもいろいろ種類があるので全然分からないですよね。。

病気となると、ウイルスとか一般人の普通の生活で必要ない知識なので詳しい人の方が少ないですよね。

現段階で、感染リスクを0に近づけるべく手洗いうがいをしっかりしとけ!ということですよね。(肺炎なりたくないからちゃんと手洗いうがいしよ…)

新型肺炎について世間の声は

遂に日本にも来てしまったか…感染が広がらないようにできることしないといけないな!
今後の日本にも影響してくる大事なことだから、もっと公に報道したほうが良くない?
普通にまずくない?もうすでに自覚してないだけで感染しているひとたくさんいるかもしれないってことだよね?
ここから新型肺炎感染者の規模増えたらシャレになんない。
春節を目の前にしてやってきたか、今回の感染者を最初で最後にして欲しい。
てか、2020年東京オリンピック目の前だけど大丈夫なの?海外の方とかたくさん来るわけだし対策打たないとすごい規模で感染するくない?心配だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です